婚約指輪とは違い

婚約指輪と言うものはいつの時代よりスタートしたものなのでしょうか。
一方では結婚指輪というものがあります。
今更婚約指輪と結婚指輪がどう違うのかということをなかなか聞けないのではないでしょうか。
つまり結婚する時に用意しなければならない指輪は2つです。
婚約指輪とは、結婚の約束を前提として男性から女性に対して贈られる指輪のことです。
ここに婚約の証しがたてられることになります。

婚約指輪において、ダイヤモンドなど高価な石がやはり多くの人たちに選ばれるようです。
ここに価値ある石があることで、結婚自体が価値のあるものと見なすことが出来ます。
ただし、誓いなのですからダイヤモンドほど重責な誓いと言うことになります。
婚約指輪の場合、普段つけたい指輪という感じではなく、パーティー会場でちょっとつけたいと思われるようなゴージャスな感じのデザインが主流です。

一方には結婚指輪がありますが、結婚指輪の場合はペアリングということになりますが、誓いと言う意味ではそれほど大きな違いがある訳ではありません。
これから結婚しましょうという誓いの婚約指輪、そして夫婦になった人たちも今後ずっと誓いをたてて行きましょうという感じで結婚指輪をつけることになります。
結婚指輪の場合は、婚約指輪と相反してシンプルなデザインが多いようです。
更にここでは婚約指輪のことを追求して行きましょう。
結構区別が判らないと言う人たちも多かったようですね。

Copyright © 2014 婚約指輪はどの指につけるのが正しいの? All Rights Reserved.